水のトラブルを直すときは

水のトラブルを直すときは 水のトラブルは様々な場所で発生し、内容も多岐にわたります。例えば蛇口やトイレから水が漏れたり、トイレが詰まったり、給湯器からお湯が出なくなってしまったりと、様々な事態が考えられますが、いずれも日常生活において非常に困ったことになってしまいます。水のトラブルが発生した際は、できるだけ早めに解消することが求められます。ここでは水のトラブルの原因や解決方法について紹介します。



■自分で直してみよう

水のトラブルが発生したら、場合によっては自分で修理をして直すことが可能です。給湯器や蛇口、トイレタンクなど、普段全く触ることがない人がほとんどのため、分解したり修理をしたりするのは非常にハードルが高く感じられることもあるでしょう。
しかし、分解に関してはマニュアルを見ながら自分でできるタイプのものも多く、修理方法も特殊な工具などを使わず、簡単に行えるケースも少なくありません。自分で直すことで、修理業者に依頼する費用を節約することができますので、もし自分で直せそうであれば試してみても良いでしょう。
もちろん、業者でなければ直せないような故障のケースもありますので、あくまで自己責任で、無理をしないようにしましょう。

■修理業者に依頼をする
水のトラブルの解決策として、修理業者に依頼をするというのが一般的です。水回りのトラブルは日常生活への影響が大きく、一日でも早く直したいものです。また、水道関係に関しては資格のない人が触ってはいけない部分もあり、失敗してしまった際に大惨事になってしまいかねませんので、自身で直すことができなさそうな場所や、自分で直す自信がないという人は、修理業者に依頼をするようにしましょう。
修理業者は水道関係のスペシャリストですので、しっかりと調査をして原因を把握し、適切に修理してくれます。もちろん、修理では直らず、交換が必要な場合もありますが、その際はどのみち業者に依頼をする必要があります。電話すればその日のうちに来てくれるという業者も多いため、早急に直したいという人も、相談してみると良いでしょう。

■どちらにしても早めに直そう

水のトラブルは放置しておくと被害があっという間に拡大してしまいます。例えば水漏れの場合、床や壁に染み込んでしまって張り替えが必要になったり、ひどい場合は下の階にまで漏れてしまったりすることもあります。水がだだ漏れになっているとびっくりするような水道代金を請求されてしまうケースも考えられ、すぐに対処すれば修理で済んだのに放置したがために交換が必要になるというケースもあります。こういった理由から、水のトラブルは自分で直す場合でも、修理業者に依頼する場合でも、早めに対処するようにしましょう。
修理業者は電話をすれば即日来てくれるところもありますし、自分で直す場合は暇な時にやろうとするのではなく、何とか時間を作って直すことを心がけましょう。また、軽い水漏れなど、すぐに被害が出ないようなものに関しては、床に漏れないように応急処置をして放置してしまう人が多いですが、被害の出ないうちから解決しておくことも重要です。

■まとめ
水のトラブルが発生した際には、大きく分けて自分で直す方法と、修理業者に依頼するという方法があります。自分で直す場合は、修理できるケースに限りがありますので、本来業者に依頼する必要があるような、大きな故障や分解や修理に資格が必要となる故障に関しては、無理をせず業者に依頼するようにしましょう。また、どちらにしても早めに対処するようにしましょう。
水のトラブルは放置しておいて改善するケースはほとんどありません。それどころか悪化したり、別の場所に被害が出たりしてしまいますので、発見したらすぐに対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース