トイレの水漏れと水のトラブルの原因

トイレ 水漏れしてしまったという水のトラブルの場合、まずはどの部分が原因なのかを確認しましょう。原因箇所や理由によっては、業者に頼むことなく自分で直せるケースもあります。もちろん、ケースによっては業者に頼むしかない場合もありますので、まずは原因を確認しましょう。

■業者に依頼した方がいいケース

水漏れの際、先に水漏れしている場所を確認しましょう。漏れている場所が便器本体や、温水洗浄便座の場合、業者に依頼をしたほうが安心です。便器が割れて、ひびが入り漏れている場合、自力ではどうしようもありません。温水洗浄便座に関しても、栓のナットを締めるくらいはできますが、精密機械ですので、自身で直すのはなかなか難しいでしょう。こういった場合は迷わず専門業者へ依頼を行うようにします。

■自分で直せるかもしれないケース

自分で直せる可能性があるケースは、主にトイレタンクからの水漏れです。手洗い場や便器の水が流れなかったり、タンクの上部や下部から水が漏れている場合はタンクの故障が原因のケースが多く、内部の部品を交換したり、タンク内の水位を調整することで直る可能性があります。原因によって修理箇所が違ってきますので、症状と見比べてみましょう。



■まとめ
トイレの水漏れによる水のトラブルの原因は様々なものがありますが、原因によっては自分自身で修理し、改善することができます。逆に業者に任せるべきケースもありますので、決して無理はせずに、自分で直せるケースの場合のみ取り組んでみるのが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ