トイレを修理するより交換したほうがよい水のトラブル

トイレ周りで水のトラブルが起こってしまうと、水漏れや詰まりでトイレを使うことができなくなってしまったり、水漏れから階下の人に迷惑をかけてしまったり、建物の劣化につながったりと、非常に問題が大きくなるため、できるだけ早く対処をすることが求められます。トイレを修理する際、修理するよりも交換してしまったほうが良いケースもあります。

■トイレで水のトラブルがあったら

トイレで水のトラブルが発生すると、そのまま放置をしておくというわけにはいきませんので、修理をする必要があります。修理をする際、トイレタンクが原因であれば中のパーツの交換や調整で直ることが多いのですが、温水洗浄便座や便器本体に故障がある場合、修理に非常に高い料金がかかってしまうことも珍しくありません。こちらに問題があったら、思い切って交換を検討してみても良いでしょう。

トイレの交換をするメリット

トイレを修理するのではなく、交換するメリットとして、トイレを交換したほうが将来的に節約になるという点があります。トイレは現在節電や節水の機能がめざましく進歩しており、長期的に見ると古いトイレを設置しておくよりも安く上がるケースも少なくありません。また、その他にも温水洗浄便座や蓋の自動開閉、脱臭など様々な便利な機能がありますので、修理の際は交換してみても良いでしょう。

■まとめ
トイレ本体や、ウォシュレットの不具合から水漏れが起こっている場合、修理するのではなく、交換をしてみても良いでしょう。その場では費用がかかってしまいますが、将来的に見て安くなるケースも多くなっています。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ